禁煙外来のメリットについて

タバコとは亜熱帯地域に生えるナス科の多年草であり、海外の中には子供でも喫煙が法的に許されている国はありますが、日本の法律では二十歳以上でなければタバコを吸う事は許可されていません。
つまり二十歳以上になればタバコを合法的に吸えるという事になり、タバコを吸う人達は灰皿がある喫茶店や飲食店等で吸うに留まらずに、今では携帯型灰皿に吸い終えたタバコをそこに納める人達もいます。
タバコを吸うメリットとしては、タバコに含まれるニコチンという物質を摂取するとストレスが解消されリラックス効果を生む事・待ち合わせ等で時間つぶしになる・パイプやタバコを吸う人達同士の交流から生まれる連帯感等が挙げられるのです。
しかしながら、近年ではタバコを吸う人が吸い込む主流煙だけでは無く、タバコを好まない人であるのにも関わらずに吸い込む副流煙が問題になり、平成15年5月には受動喫煙の防止の為の法律が施行され、飲食店等に禁煙席等を設ける事が義務付けられました。
また、原因で慢性閉塞性肺疾患(COPD)という慢性気管支炎や肺気腫等に繋がり兼ねない病気になる可能性が高まるとして病院では禁煙外来を設置している所もあり、タバコを止めたい人がカウンセリングによる治療法や薬による治療法等を健康保険を利用して治療を受けられる様になった事がメリットであると言えましょう。