禁煙外来よりも安くて評判な海外通販

医薬品や医薬部外品など、自分で使用する場合は薬事法に定められた制限内であれば、個人輸入代行が認められており購入する事が出来ます。
あくまでも自分で使用する場合に限りますので、人に売ったり譲ったり、他人の分をまとめて購入したりする事の無い様にしましょう。
通常の個人輸入した場合には、関税はかかりませんが、輸入金額が多い場合には、関税にて別途関税と消費税がかかってしまう事があり、それは代行業者は負担してくれません。
税関から直接個人にハガキなどで連絡が来ますので、ハガキなどに記載されているお問い合わせに連絡し、必要事項を記入して返信します。
手続きが完了後は、注文した商品が配送され届きますが、配送担当者に関税を支払う事になるでしょう。
受け取りが難しい場合にも、勤務先への配送は個人と認められない事があり、別途関税の支払いをしなければならなくなる事があるでしょう。
医薬品の個人輸入が可能な量は、2ヶ月以内となっています。
また、偽造品が多数出回っていますので、きちんと本物と確かめられる業者での購入がお勧めです。
商品が送られて来ない場合や、注文したのと中身が違っていた場合、すでに欠陥品だったと言う場合もあるでしょう。
しかし、トラブルが発生しても何も処置してくれない業者や、お問い合わせしても受け付けてくれない悪質業者がありますので、注意して下さい。
個人輸入代行は沢山のサイトがありますが、信用出来ない業者では絶対に購入しない様にして下さい。